HOME > ブログ > アーカイブ > 加圧

ブログ 加圧

産後ダイエット

写真.JPG

プライベートスタジオなので、おむつ換えも楽々。

赤ちゃんを目の前に安心してトレーニング。

 

昨年春からお越しのお母さん。

すっかり元に戻ってこの春から職場に復帰されます。とてもお子さん二人いらっしゃるとは思えないプロポーションでお手伝いできた私は自分のことのように嬉しいです。

 

そして、今は同じく第2子をご出産されたお母さんが赤ちゃん連れでお見えです。赤ちゃんが会うたびに変わっていくのがまた楽しみでもあります。

 

 

お母さんもどんどん変わるように私も全力投球です。

ウェディングからお手伝いさせていただいたので家族が増えてお幸せそうなお姿を拝見すると感無量です。お兄ちゃんやお姉ちゃんが保育園に行っている間に効率よくダイエット。授乳期はお酒も飲まないのでお勤めしていた時にお付き合いの多かった方はラッキーチャンスですね。

 

健康上問題なければ授乳期でも加圧はできます。頑張るお母さんを応援します。


気になる寒暖の差

急に朝冷えましたね。

でもまた2日くらいしたら半袖が着たい陽気だそうです。

こうして気温差が激しいとどうしても風邪をひきやすくなります。

全ての病は血流から。

きちんとお風呂につかり軽くても運動を心掛けたいです。

軽いようでいてしっかり運動したい人は加圧ですよ。

体験お申込み絶賛募集中です。

 


医者いらずの生活

先日トレーナーの為の研修を受けてきました。

創始者の佐藤先生直々の講義と実習です。

60代の先生ですが

「毎日加圧をしているから健康診断でも何も問題ないし、医者にかかったことない。」

と話されていました。

加圧が?と思われるかもしれませんが

私のお客様で加圧を始めてから

注意されていた血圧も下がり

コレステロール値も下がり

体脂肪も減り

健康診断で注意されることがなくなりました。

それを考えると、加圧は美容だけでなく健康に日々を送ることに

大変助けになることがわかります。

大きな疾病を招く前に運動の習慣をもち健康に過ごしてくださる方が増えたらいいなと思います。

まだ注意段階の方で年々数値が悪くなっている方は要注意。

今なら間に合います。

病気と診断されるより前に病気から遠ざかる努力をしましょう。

 


新年のごあいさつ

あけましておめでとうございます。

今年は6年目に突入です。

忙しいあなたのキレイと元気を応援します。

新年は4日から営業です。

体験レッスンも新春キャンペーンで特典付き

始めるなら?

今!


加圧トレーニング学会

毎年1回2日にわたり加圧トレーニング学会があります。

私は資格を取った時から毎回参加していますが

その頃は本当に女性は少なかったです。

最近は資格を取るのも少し安くなったこともあり、若いトレーナーの方も増え

学会に出て新しいことを学ばなければ資格保持の単位になりません。

そんなこともあり会場は賑やかになりました。

過去、筋肥大、宇宙での加圧、美容、様々なことが取り上げてこられましたが

今年、私が一番注目したのは若年性サルコペニア。

今の若い御嬢さんたちが、極端なダイエットをし続けたら.....

医療費が膨大になり健康保険はパンクです。

骨が折れる、筋力がなくころぶ、血流の不良により疾病を招く

栄養失調と運動不足です。

若いうちは元気でも将来は真っ暗です。

いつもお客様にはお伝えしていますが

体重の数字だけ理想に近づけるべからず!

理想の形の重い体になりましょう。

痩せる=体重の減少 という考え方はしません。

かっこいい女子はいくつになってもかっこいい!


思い出の女の子

ダイエットを考えよう
もう何年も前に出会った女の子の話です。

結果を先にいうと20キロ以上痩せました。

えーって驚かれるかもしれませんが

20キロ落とせるものがあったのです。

週に一回欠かさず 二時間近い道のりを通って下さいました。
お家の近くには通いたくなるスタジオがなかったそうです。

高校三年で部活もなくなり 勉強の時間が増えて
ちょっと丸くなったかな…
ちょっとだけ痩せてみたい。元にもどしたい。
こんな何でもないことが実は歯車を狂わせました。
単品ダイエットなどでリバウンドを繰り返し
変わり果てたのだそうです。
坂道を転げるようだったとお話してくださいました。

そしていろいろ調べて加圧しかない!と思われたそうです。

お目にかかった時は普通のサイズを着ていたことが想像できないほどでした。

しかし週に一回加圧をして
お家ではストレッチ
ご飯は量を決めて食べて
生理前は無理をせず

お友達と会うときは普通に過ごし
焦らず
無理をせず続けたら20キロ落ちてスッキリ
ふくよかではありますが
とても優しい雰囲気のある女の子に変身しました。

ダイエットはご飯が食べられなくて辛い思いがつきものだったけど

加圧は普通していていいから 何も苦に思わなかったとか…

きっと今頃は素敵な彼氏見つけてお幸せでしょう。
 

 


加圧のご利益? その5

加圧のメリット4 美肌若返り に続き
メリット5 ダイエット&シェイプアップです。
ずばり大量に分泌される成長ホルモンの恩恵に授かり 効率よくなりたい自分に近づくことができます。
体重の数値は思ったより変わりにくいですが
見た目は数字に固執するのがばかばかしいと思えるようになると思います。
体重が鍵を握るスポーツやダンスの為または腰の悪い彼にお姫様抱っこしてほしいとかでなければ

数字なんてどうでもいいように思います。
加圧してトレーニングすると筋肉が通常より早く発達します。
筋肉が増えるということは基礎代謝があがるということで
この基礎代謝がダイエット大事な鍵を握るのです。
一日の中で運動しているのはわずかな時間。それより普通の生活が長いわけですね。
普通の生活でなにもしてなくても
エネルギーをたくさん使う体になれば太りにくくなります。
基礎代謝が増えるというのは そのような体になるということです。
ではなぜ体重は減らないのに痩せるのか…
それは単品ダイエットなどでただ痩せたのではなく
筋肉が増え脂肪が減っているからなのです。
筋肉は脂肪の約三倍の重さがあると言われています。
もし同じ重量の筋肉と脂肪があったら脂肪すごい量なわけです。
つまり筋肉が500グラム増えて同じ体重なら脂肪がその筋肉の分量の三倍、一キロ半の体積分減ったって計算ではないですか?
私、数字が苦手で変かもしれませんが…

イメージとしてはそんな感じです。
 


加圧のご利益?その4

メリット3 血行促進冷えむくみ解消に続き
メリット4 若返り、美肌です。

加圧は少ない付加、短時間でも効果が感じられると評判ですね。
さてなぜそうなのか。
それは加圧した状態でトレーニングすると成長ホルモンが分泌されます。
その分泌される成長ホルモンが通常のトレーニング時に比べ 290倍まで増えていた事例があります。
成長ホルモンは肌のハリ、ツヤを取り戻すと言われます。
もちろん血流もよくなってるので色つや共にですね。
確かに私もトレーニングの翌日は
洗顔時の滑りのよさ
櫛通りの滑らかさを顕著に感じます。
皮膚のターンオーバーも早くなると聞いています。

これを継続していくと、しない場合と比べ数年後には歴然と差が出そうに感じませんか?

私の肌を見に来てくださいね。

すでに会員になられた方は

一緒にいるとマベさんの年って忘れちゃうって言ってくださいます。


 


加圧のご利益? その3

メリット2の筋力増強に続き
メリット3 血行促進冷えむくみ解消です。
加圧は腕または脚の付け根にベルトを巻いて血流を制限してトレーニングします。
つまりベルトから先には 通常より血液が少なめに通うわけ。
ダムみたいな感じ。
じゃ、ダムが決壊したら?
ざーっと流れますね。
滞りがちだったものに勢いがつく。

血液の流れがよくなりポカポカしますよ!
むくみは色なし血液くらいに考えていただければいいので
一緒に流れがよくなります。
血流とむくみは切っても切れない縁?!
私は冬になるとしもやけになったものでしたが
加圧を始めてからほとんどなりません。
冷えも軽減され 風邪もひきにくくなりました。
ただアルコールもよく回るようになるので
調子よく飲んでいる大変なことになります。
ご注意ください。


加圧のご利益? その2

加圧のメリット1は
けが、病気からの回復を早めるお話でしたが
加圧はまだまだいいことがあります。
怪我をしても筋力が落ちなかった、
つまり健常であれば 今の自分より更に効率よく体、筋肉を成長させることができるわけです。
メリット2、筋力アップです。
筋量を増やすというのはなかなか大変なことで
付加(平たく言えば重り)をかけたトレーニングをある程度の時間し、食事なども気をつけなければなりません。
私は小さい時から運動が嫌いでダンスしかしませんでした。
そんなことではダンスに必要な筋力さえ気づいた時にはついていなかったんです。
その結果怪我ばかりでした。
そんな時、加圧トレーニングと巡り会い
面白いほどに強いカラダになり、自由にダンスを踊れるようになりました。
それまで
「あんな苦しいものなんてごめんだわ」
ってトレーニングの類を避けていましたが
加圧は先生に会える楽しみもあり
効果を自分も周囲も感じることができたのでやめようと思いませんでしたね。
私の先生は業界で有名な加藤康子先生です。
女性加圧トレーナーなんて数えるほどしかいなかった時代です。


 


12

« ブログ | メインページ | アーカイブ | 美容 »

このページのトップへ